抗生物質市販 通販 飲み薬 ランキング@海外の通販

市販の抗生物質 通販 人気ランキング

第1位:クラビット錠ジェネリック

効能が広範囲にわたる抗生物質で、膀胱炎、尿路感染症、性病、クラミジア

淋病、前立腺炎、睾丸炎、淋病性尿道炎、コレラ、サルモネラ腸炎

チフス、子宮内感染、バルトリン線炎、肺炎、結核、気管支炎

麦粒腫(ものもらい)、風邪、外耳炎、旅行者下痢症、歯周病などに有効です。

●種類:ニューキノロン系抗生物質

●成分:レボフロキサシン250mg/500mg

クラビットジェネリック250mg


第2位:ジスロマック ジェネリック アジー

効能はマイコプラズマ気管支炎、クラミジア尿道炎、子宮頚管炎、外耳炎

急性副鼻腔炎、ヘリコバクター・ピロリ感染症、マクロライド肺炎。

マクロライド系抗生物質で成分はアジスロマイシン1000mg。

●種類:マクロライド系抗生物質

●成分:アジスロマイシン1000mg

※血中濃度半減期が長い抗生物質のため、短期の服用で長い時間効き続け

服用期間を短くできる利点があります。

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)


第3位:抗生物質 市販薬 シプロジェネリック

呼吸器、泌尿生殖器、のど、眼、耳鼻科領域の感染症

乳腺炎や外傷・手術後の感染予防に広く用いらる抗生物質です。

比較的アレルギーを起こすことが少なくペニシリン系抗生物質や

セフェム系抗生物質にアレルギーのある人にも服用されています。

●種類:ニューキノロン系抗生物質

●成分:塩酸シプロフロキサシン

シプロジェネリック


第4位:アモキシル ジェネリック

同じペニシリン系抗生物質であるアンピシリンよりも副作用がやや弱く

食事などによる効果の減退のデメリットを軽減してあります。

処方の範囲が広く、梅毒や淋病などの性感染症や呼吸器感染症

皮膚感染症、耳鼻科感染症、尿路感染症など、様々な治療に適用されます。

●種類:ペニシリン系抗生物質

●成分:アモキシシリン500mg

アモキシシリンジェネリック250mg


第5位:抗生物質 市販薬 ケフレックス

セフェム系、第1世代の代表的な抗生物質です。

性感染症、尿路感染症の治療薬として用いられる他

ものもらいや外耳炎、中耳炎の治療薬として使用されるなど

幅広く効果効能のある抗生物質です。

●種類:セフェム系抗生物質

●成分:セファレキシン

ケフレックスジェネリック