抗生物質 市販薬 マイコプラズマ肺炎の薬

細胞壁を持たないマイコプラズマには

ペニシリン系、セフェム系などの抗生物質は無効です。

そのため、マクロライド系の抗生物質である

クラリスロマイシンかジスロマックが選択されます。

ジェネリック医薬品は成分は同じですが、値段が安くなります。

>>クラリスロマイシン・ジェネリックの詳細


>>ジスロマック・ジェネリックの詳細


マクロライド系が無効のマイコプラズマには

テトラサイクリン系薬が考慮されます。

ただし、8歳未満の子供には、

テトラサイクリン系薬剤は原則、禁忌です。

※関連記事

>>マクロライド系抗生物質の種類一覧